工業が見直されています

工業は、日本のものづくり文化の礎として、古くは伝統的工芸、戦後日本の高度経済成長期など、歴史的な発展段階において重要な役割を果たしてきました。今、工業が見直されてきています。バブル経済の破綻、リーマンショックなど、経済の行き詰まりが見られる昨今、経済活動の原点に戻って、何をすべきか考えるべきときです。理系離れが叫ばれて久しい中、リケジョと呼ばれる理系を専攻する女性など、女性の社会進出に伴い、社会構造の変化が見られてきています。研究職を希望するなど、工業を含む理系の若者を支える制度が、学校教育の現場からも望まれています。工業を学べる学校を選択する機会を十分に提供していくべきと言えるでしょう。どこで学べば良いか、事前に気になるのは、学校の評判です。評判の良い学校を実際に見学するなど、リサーチすることで、評判の感触をつかむことが出来ます。百聞は一見に如かずという通り、工業に関しては、殊に実体験をすることが、興味関心の確かさを感じ、就業に至るまでの技能習得訓練に意欲をもたらすものです。その意味でも、評判を裏付ける、学校公開の場は、出来る限り開かれたものであるべきです。情報が必要な人に届くよう、地域や地方自治体と連携をとって、広く伝えていく必要があります。

工業の凄い情報

↑PAGE TOP