家庭で出来る浸水対策

近年になって台風やゲリラ豪雨によって各地で浸水被害が増加しています。そのため家庭でも浸水対策の必要が高まっています。まずは住居がある地域の洪水状況を知るため、市町村が配布しているハザードマップをチックしましょう。現状を認識した後は、土のう・水のう・止水板を用意しておきます。水のうはゴミ袋に水を入れることで出来る簡易水防です。大雨はいつ起きるかわからないので、出来る限り浸水対策を施しておきましょう。最近では災害メール配信も行われているので登録しておくことも重要な手段です。

工業の凄い情報

↑PAGE TOP