トップ

美容サプリでくすみ改善

肌がくすむと老けてみえる

肌のくすみは4タイプ

肌がくすんでいると、気持ちまで沈んでしまいますよね。くすみには代表的な4つのタイプがあり、それぞれに特徴があります。タイプによって対処法も違いますので、くすみ解消のためには自分のタイプを知っておく必要があります。複数のタイプに当てはまるケースもあるので、肌の状態を良く観察してみましょう。

まず1つ目は、メラニンによるくすみです。色は茶褐色で、シミと症状は似ています。顔の一部や全体が茶褐色にくすみ、暗く見えます。紫外線やこすりすぎなどの外的刺激によってメラニンが過剰に作られ、ターンオーバーで排出しきれず肌に残ることで起こります。メラニンの量は普通でも、ターンオーバーが乱れていれば同様にくすんでしまいます。

2つ目は、乾燥によるくすみです。肌がカサカサしてツヤも無くなり、灰色がかった顔色になります。原因はやはり保湿不足です。朝は平気なのに、午後になってくすみが目立ってくるタイプです。肌が乾燥状態ではターンオーバーが上手く行かず、本来剥がれるはずの角質がくっついたままになります。それが肌の表面に毛羽立ちを作り、影が出来て顔色がくすんで見えてしまうのです。

3つ目は、血行不良によるくすみです。肌色が青黒く見え、不健康な印象になります。体が冷えて血流が悪くなると起こります。他にもストレスや睡眠不足、喫煙や偏食、便秘などが原因となります。

4つ目は、黄くすみです。原因には「糖化」と「カルボニル化」の2つがあります。糖化はたんぱく質と糖が結びつき、カルボニル化はたんぱく質と脂肪の分解物が結びついて変性することです。変性した肌のたんぱく質は、黄色く変色してしまいます。糖化は糖質の過剰摂取、カルボニル化は脂質の過剰摂取が主な原因です。共通の原因には、紫外線や喫煙、ストレスや加齢があります。

Copyright © 肌がくすむと老けてみえる. All rights reserved.